よくあるご質問

どのように発注すれば良いのでしょうか?

一度お問い合わせ下さい。見積りは無料です。

各種看板、ラッピング、ステッカー製作、出力依頼、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
必要に応じ現地調査も行います。データ無き場合は、データの作成も致します。
お客様の御要望がかないますよう、精一杯対応させていただきます。

どんな看板を頼めば良いのか分からないのですが?

御相談下さい。状況に応じて適切な商品をお勧め致します。

例えば、壁面に取り付ける看板でしたら、建物の外観、周囲の状況、壁面の種類、強度、などを考慮して、適切な御提案をさせていただきます。
お気軽に御相談下さい。

ラッピングって高くないですか?

施工面積により異なりますので、一概に高いとは言えません。

単純に大きい車やボートだから高くて、小さい車やボートだから安いと言うわけではありません。
どこまで貼るかで大きく異なります。言いかえれば、施工面積次第で予算の調整が可能なのです。

遠方なのですが、お願いできますか?

遠方でも大丈夫です。全国発送いたします。

看板、出力物、ステッカー、など、全国発送可能です。
お支払いは、商品到着時に代引きにてお願いしております。
先に入金して商品が…などの心配もございません。

出力メディアのカレンダー塩ビとキャスト塩ビの違いは?

単純に中期用、長期用の違いだけではありません。

一般にカレンダーが短~中期用、キャストが中~長期用と言われていますが、それだけではありません。
カレンダーに比べてキャストは3次曲面への追従性がはるかに優れています。
車やボートなどの3次曲面への施工はキャストメディアを使用する必要があります。
カレンダーでもとりあえずは粘着力がありますので貼ることは可能ですが、カレンダーは縮もうとする力が働きますので、そう遠くないうちに捲れたり反り返ってしまったりしてしまいます。

出力データにおける画像ファイルは何dpiが良いのでしょうか?

原寸で100~150dpiは必要です。

綺麗な出力をお望みでしたら、原寸で100~150dpiは必要です。
原寸で、というのがポイントで、例え300dpiあっても100×100の画像サイズのものではサインのサイズ(例5000×2000)等に拡大してしまうと、ピクセルが荒くなり、見れたものではありません。
ただ、サインの場合、どこからその看板を見るかというのも重要で、ビルの屋上のサインを地上から見る場合などは、少々低くてもさほど問題にはならないでしょうし、無駄に重いデータになってしまうよりは低いdpiで軽く作る方がベストの場合もありますので、必ずしも100dpiというわけではありません。
どの距離で見るものなのかが重要です。

大型のサインの出力をお願いしたいのですが、分割データは必要ですか?

御用意いただけなくても大丈夫。当社でも分割可能です。

各種看板、ラッピング、ステッカー製作、出力依頼、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
必要に応じ現地調査も行います。データ無き場合は、データの作成も致します。
お客様の御要望がかないますよう、精一杯対応させていただきます。